2007年07月05日

連鎖か、螺旋か。

天の邪鬼なもんで、「いま、流行ってます!」とか「これが、熱い!」とか、
そういううたい文句が入った瞬間に引いちゃう。
ちょうどこの映画が上映されていた頃は、沢尻エリカブームまっただ中。
目の端では気にしてはいても、どうしても真っ向から立ち向かう勇気はなく、
上映期間中に行きたいなぁ、と思いつつも
「いや、流行もんに乗っちゃいかん」と変な意地が邪魔してスルーしてた。

あああああーーーー、映画館で観たかった!
妙なこだわりはやめよう、と心に誓った作品。

『手紙』

もう、ほぼ最初っから最後まで泣きっぱなし。
エンドロールでは、真夜中にもかかわらず(午前3時半)声を出して号泣。
かなり胸に響く作品だった。

加害者家族の世の中から受ける「差別」というものがテーマ。
早くに両親を亡くして、ふたりで肩を寄せ合うようにして生きてきた兄弟。
兄は、弟に大学進学の夢を叶えさせてあげたい一心で身を粉にして働いている。
一方弟は、その兄の期待に応えたい一心で受験勉強に励んでいる。
そのうち、兄は腰を痛めて仕事ができなくなり、
弟の進学のために「空き巣強盗」を企てるが、
その最中に住人が帰ってきて、結果的に「強盗殺人」の罪を負うことになる。
社会から「加害者の家族」というレッテルを貼られ、
大学進学をあきらめ、就職する先々、転居する先々で受ける「差別」から
逃れるように暮らすようになった弟。
お笑い芸人になる夢をめざして踏み出そうとするが…。

というストーリー。
塀の中の兄と、「差別」から逃れるように社会で暮らす弟。
そのふたりをつないでいるのが、手紙だ。
「差別」について語るのは、本当に難しいと思う。
する側、される側の境界線は極めてあいまいだと思うし、
それが悪か善かとわけることも、私にはできない。
よく「差別のない社会をめざそう」とかいわれるけれど、
そんな社会の実現は不可能なことだ。
ある意味、「差別」は自己防衛本能から生まれるものだと思うし、
多少なりとも利害関係が働く社会で生きている以上
どんな形であれ「差別」はあるものだ。

この作品の中で、特に印象に残っているのが、
弟が働く家電量販店(K's電機だった)の会長が弟に言った言葉。

「差別は、ある」

加害者家族であることが会社に知られ、営業から工場へ移動を命じられた弟を
たぶん激励するための言葉だと思う。
「差別は、ある」そう認めてからこそ、新しい一歩を踏み出せるか、
目を背けて逃げたままでいいのか、考えられるもの。
映画では、その会長は片足を引きずりながら歩いていた。
きっと、彼も「差別」を受け、それを受け止め、認めてきたからこそ、
言えた言葉なんじゃないか、と思った。
言葉だけを抽出してみると、打ちひしがれている人に対して
ひどく冷たいような印象をもつかもしれないけれど。


いろんなことを考えさせられた映画だった。
監督は、金八先生の演出をしていた人。どうりで泣かせる演出がうまいはずだ。
兄役は玉山鉄二、弟は山田孝之。
ふたりの体をはった演技には驚かされた。
特に、玉山鉄二。
『逆境ナイン』と同一人物とは(失礼!)思えないほど、
静かで、激しく、とても切ない兄の心情を見事に演じきっていた。
今までほとんど眼中になかった彼だけど、今後「注目の役者」リストに入れたい。

たぶん、ここ数ヶ月、何回か繰り返して観ると思う。
東野圭吾の原作も、読まないと。
posted by さとる at 19:27| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

ヒミコの館へ、ようこそ。

最近、夜更かし続きで、お肌がカサカサ。
不規則な生活、食事がそのままお肌にダイレクトに出るようになると
ああ、私も歳をとったなぁ、とつくづく思ってしまう今日この頃。
みなさん、ちゃんと睡眠とってますか?(きつ○風)

今日のお肌の原因をつくったのは、
昨日寝る前に観た「メゾン・ド・ヒミコ」。

オダギリジョーと柴咲コウ主演の、ラブストーリー?
…と思いきや。
オカマだけの老人ホームのお話。オダギリジョーは、
その館の主の、オ・ト・コ!で、柴咲はその主の娘。
金目当てで週に一度、その老人ホームのお手伝いをすることになった
柴咲と入居者たちとの、何とも不思議な日常を描いた作品。
全く予備知識無しで観はじめたもんだから、

「これは、意外に掘り出し物?」

と、最初は思ったが、別にそうじゃなかったようです。はい。
とにかく、登場人物の描き方が雑。
衣裳とか、部屋の装飾とか、すごい凝ってておもしろいんだけど
その中に居る人間が、すごい平坦でつまらない。
いや、この人はこういう性格で、こういう人生を背負った人なんですよ。
的な描き方を一生懸命やっているようなんだけど、
どうしてもそれが人間の深みというか、おもしろみというか、
そんなものが感じられない。
あ、例のごとく、途中20分ほど爆睡してたから
いいところを見逃してしまっているのかもしれんけど
最後の最後まで、

「…で、何?」

という気持ちが離れなかった。

映画を観ているっちゅうのに、

「望月峯太郎の『万祝』を映画化するんだったら、カトーはオダギリだな」

と、ずっと考えてた。関係ないけど。
posted by さとる at 12:40| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

ルパン三世念力珍作戦

次回のシネモヤンの特集をつくるため、
「ルパン三世念力珍作戦」っつうモンキー・パンチ原作の漫画を
大胆にも実写化した作品を観た。

ルパンに目黒祐樹、次元に田中邦衛、そしてとっつあんこと銭形警部には伊東四郎。そのタイトルのように、まさしく「珍」作だ。

漫画(特に名作と言われる作品)を実写化すると、
どうしても、B級、珍品、ギャグっぽくなるのは必至。
「カリオストロの城」なんて、後世に語り継がれるほどの
名作に仕上がっているっていうのにね。
あ、宮崎駿の力か。

夜中の2時から観たので、後半は爆睡モードでよく覚えていないが、
アニメの軽やかに、相手を騙してかわすルパンとは
うってかわって! なんとも情けない重い身のこなしのルパンが
同情さえも誘ってしまう。

とは言っても、珍作ながらも、楽しめる要素はてんこもり。
あんなB級を、堂々とみせられると、その潔さに思わず拍手を贈りたくなる。

「なんかいい時代だよなぁ」

と、しみじみした気分にもさせられた。
どっから見ても、田中邦衛でしかない次元や、
今にも「ニンッ」とオリジナルギャグをかませそうな伊東四郎が
すんごいいい味出してる。

ちょいと残念なのは、不二子ちゃんのお色気度が足りないってことかなぁ。

シスターの格好をして現れる女殺し屋集団のシーンは、
腹抱えて笑ってしまった。

いやぁ、明日もう一度観てみようっと。
posted by さとる at 11:34| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

陽気な妖怪たち。

しまった! 劇場でみときゃよかった!

と、後々後悔する作品がたまぁぁぁにだけどある。
最近の映画は、どうもアイデアはいいんだけど、
判で押したような展開が「つまんねぇ」ことが多いし、
ちょっとコアな作品になっちゃうと、「わけわかんねぇのが
今の流れだぜ」的なものが多いから、
ついつい劇場離れしておる。

その後々後悔(ヘンな日本語?)する作品と言えば、
最近では(最近でもないけど)
「ロード・オブ・ザ・リング」。
あれは公開の時期が悪かった。ほぼ「ハリポタ」と同時期公開で、
「ああ、同じ感じ?ビデオでいいや」と思った人は
私だけじゃぁないと思う。

ところが、ビデオで見た瞬間、最初の30分で激しく後悔した。
「劇場のでっかい画面で見るべきだった!」と。
あ、ハリポタもビデオで見たけど
「あ、ビデオでよかった」と安堵した。

非常に前置きが長いけど、今回ビデオで見た
「妖怪大戦争」も、劇場で観ておくべき作品だった。
豪華な出演陣を特殊メイクバリバリで使う贅沢さは、
気にはなっていたが、あれほど楽しめる作品とは!
最後はちょいと説教くさいところもあるけど、
そこはさすが三池様!
戦争はいかん、平和が一番、とかこざこざ言うよりも
楽しけりゃ、人は動くよおおおおん、と
お気楽モードに変換。
それが、この作品を通して一本通ってるし、
単なる話題性だけの映画じゃないことが伝わってくる。

そうだね。モノづくりは、楽しくなくっちゃ!
posted by さとる at 11:20| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

王様気分。

平井堅のベスト、売れてるらしいね。
もう発売からしばらく経つけど、
店のBGに流れる裏声王子様の声に少々食傷気味。

…とそこに

堅さまのデビュー曲「Presious Junk」がっ!


これは、これは、三谷幸喜の最高傑作ドラマ「王様のレストラン」の
エンディングテーマじゃないっすか!

あの頃は、堅さまがこれほどの偉大なるスターになるとは
ちぃっとも思っちゃいなかったけどなぁ。


…ということで、
レンタル屋に急ぎました。
もちろん、「王様のレストラン」全巻を借りにです。


今までビデオで何度見たことか。
私のバイブルでもあります。

休みの日、仕事の日、関わらず寝る間を惜しんで見まくる。


やあっっぱ、ええわ。(ほのぼの)



「読書百遍、意自ら通ず」

という言葉があるけど、読み物だけに限らずドラマとか映画も
そうなのかなぁ、と思うことがたまぁぁにある。
「たまぁぁに」というのは、それほど繰り返して見る作品が
少ないってだけのことだけどね。

この「王様のレストラン」を見て感じるのは、



「人って、根っからの悪人っていないぜ」


ってこと。この中で描かれる人物は、憎らしいやつもいるけど、
その憎らしいやつも、愛すべきところを必ず持っているし、
その愛すべきところがその人をつくるほとんどの要素ってことが
次第にわかってくる。
ほら、ドラマとか映画とか、よくステレオタイプの悪者タイプのやつって
いるじゃない。あれって、限られた時間内で作品を盛りあげるために
「安易に設定した」感があって、どうも好きじゃない。
その悪者を愛すべきキャラに仕立てるってことは、
よほどの脚本、演技、演出の技術が必要とされると思う。


素晴らしい、素晴らしいっ!


今回も、2回ほど観てしまいました。
posted by さとる at 00:07| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

ばばあのたわ言

今年の目標

「ブログまめになる」

以上。

んで、新年最初に見た映画(ビデオ)についてひとつ。
正月は実家で上げ膳据え膳の喜びにひとときひたり、
やることと言ったら、テレビ見て、ゴロゴロして、ご飯たべて、ゴロゴロして、
昼寝して、ゴロゴロして、ご飯食べて、寝る。
そんなだらだらとすごしたもんだから、
人間がすっかりふやけてしまってた。

やることも尽きてしまった3日に、
とりあえずレンタルビデオ屋に行って新年最初の映画鑑賞でも。

テーマは
「頭をあまり使わずに、楽しく見られるもの」


それで選んだのが
「恋は五・七・五」ってなわけだす。

この作品の監督は、萩上直子。ん? 若干33歳。
「バーバー吉野」(あのワカメちゃんカットの少年たちの強烈なビジュアル!)の後に手がけた2作目っつうこと。


真夜中(上映開始夜中の1時半)に、灯りを消した部屋で見たのにもかかわらず、
私は寝ませんでした。
つまり、そこそこおもしろかったってわけです。

ストーリーは、5人の高校生(帰国子女だったり、チアリーダーをクビになった女の子だったり、野球部永年補欠君だったり、つまり一般的に言えば問題アリの子たちだな)が、夏休みにある「全国高校生俳句甲子園」出場にむけてがんばるってやつです。
ま、よくある学園モノだすね。
最初はやる気もなく、仕方なく集まったような高校生たちが、恋をして、振ったり振られたりして、なんか知らんけどやる気が出てきたりして、優勝っ(あ、ネタばれっす)。
ほら、よくある話でしょ。

そのよくある学園モノに、俳句っていう高校生とあんまり結びつかない題材をもってきて描いた映画ですよ。
意表をついた学園モノの代表格に「ウォーターボーイズ」があるけどさ。あれは、最高に痛快な作品だったけど。


なんか、批判的な書き方してるけど、そこそこおもしろいんですよ。これが。


主演の女の子(帰国子女で、漢字が苦手な女の子っていう設定ね)に、関めぐみ。
「八月のクリスマス」の日本版でヒロインを演じた子だとか。ふむふむ。
この子がなかなかかわいい。というか、美しい。
クールビューティってなイメージかな。


「ウォーターボーイズ」の竹中直人にあたるのが、杉本哲太。
んんんんんんんんん…。
インパクト弱いっ。あ、竹中直人と比べちゃいかんね。
気弱な性格の先生役だけど、非常にもの足りなくて。でも、そこそこおもしろい。
その杉本哲太が恋する英語の先生に、高岡早紀。ええ????
作品見て、その後ホームページを見て、それが高岡早紀だったことを知る。
以前のような、キラキラしたオーラが出てなかったんで、全然わからんかった。



ま、とにかく。
そこそこおもしろいんで、ぐうたら生活から社会復帰する前に見る映画として
おすすめ、かな。
posted by さとる at 01:04| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ビデオ・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。