2006年01月16日

2006年前夜。

去年の大晦日は、山口県の萩のユースホステルの部屋で
30代独身、女ふたりで缶ビール(発泡酒)を
ちびちび飲みながら、ボビーと曙の対決を見ていた。
…といっても、私は全くの格闘技音痴なもんで、
た〜だ見ていた。

14日から封切られた「THE有頂天ホテル」は、
そんな2005年の大晦日、私らがそんな時間をすごしていた
10時からの2時間のドラマだ。

とにかく、豪華。
三谷先生お得意の密室劇とはいえ、舞台はホテル。
それに、役者の顔ぶれもすごい。
役所広司、松たか子、佐藤浩市、篠原涼子、愛しの伊東四郎、
香取慎吾、唐沢寿明と、群像劇ながら主役級の役者を一同に揃えている。

例のアメリカの爆発ヒットテレビドラマ「24」と同じく、
物語はほぼリアルタイムで進む。
…といっても、「なんでこの人、こんな短時間でこっからここまで移動してる?」
「このメイクすんのに、20分くらいはかかるでしょ?」と
若干つじつまが合わないところがあるものの、そこはご愛敬。
ちょっと登場人物が多すぎて、ぐちゃぐちゃしちゃうけど、
それも、この映画の味。
なんやかんやと、楽しませてくれる映画でござった。

みんな早口で何言ってるかわからんとこもあったけど、
あるテレビ番組で松たか子が、

「監督から、この場面は時間がないんであり得ない早口で」
とかそんな演出があったんです。

とか言ってた。

映画は、見てる人を楽しませてなんぼ。

そういう観点で見たら、なかなか良い映画。
だって、映画館のあっちこっちで、「ふふ」とか「ぷっ」とか
小さな笑いがおこってたもん。

個人的には、オダギリジョーをああいった使い方する
三谷さんのセンスが好き、かな。

みんないろいろ抱えているけど、
♪みんなみんな、生きているんだ、ともだちなんだ〜♪
posted by さとる at 00:28| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

やはり、ここは映画ネタで。

この季節になると、つまり年末ですわな。
はじめて、親ヌキの深夜徘徊のことを思い出す。

小学校6年の大晦日。
その頃は、映画館で大晦日はオールナイトで映画が上映されていた。
その時の担任の先生が、冬休みに入る前、終業式の日に
「大晦日は、映画観にいこう」と言いだし、
それに乗った15人くらいの生徒たちと一緒に真夜中の映画館へ。
その時観たのは、「ET」。
映画もものすごく良かったし、何より真夜中の映画館は特別だった。
真夜中なのに、人がごった返し、はじめての夜遊び(先生付きだけど)に
ドキドキしたことをよく覚えている。この記憶力がない私が。
映画を観た後は、加藤神社にみんなで初詣に行き、解散。
いつもならとっくに布団の中でぬくぬくしている時間なのに、
その日は目がさえて、目がさえて、日が昇るまで興奮して眠れなかった。
すごくいい思い出だ。

今どき、真夜中の映画館に連れていく先生っているだろうか?
きっと、大問題になるんだろうね。寂しい気もするけど。
posted by さとる at 15:52| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。