2007年05月30日

どもれども、どもれども

正直、しゃべるのは苦手です。
が、ここだけの話、人前で「講談」っちゅうやつをやったことがあります。
なんでそんな無謀なことをしたのか、今でも不思議なくらい。
約10名弱の観客を前に、神田紅葉(だったと思うが)の持ちネタ
「宇宙戦艦ヤマト」(だったと思うが)を演じた。
たった10分足らずの時間のために、何日も、何週間も練習して。
人前で、自分のしゃべりを披露して、それで聞いて貰うということが、
いかに難しいことか。さらに、笑わせるなんて…。
ものすごくいい経験をさせてもらったと、今では思っていますがね。


「しゃべれども しゃべれども」


いやぁ、ホント、楽しませていただきやした。
映画が公開される前は、「国分太一がすごいいいらしい」という噂が
ちらほら聞こえてきていましたがね。
噂っつうか、マジですごい良かったっす!!!!太一くん。

(↓ここから、枕風に)
「しゃべる」ことを稼業としている落語家(二つ目)と、
「しゃべる」ことにコンプレックスをもっているおっちゃんとお姉ちゃんと小学生。
何のご縁かわかりませんが、しゃべり方教室ならぬ、落語教室なんぞ開きましてね。
それで、その4人の交流を描いてるわけですが、
っこれまた、生徒である3人が一筋縄じゃいかない輩ばかりでして。
特にね、何に怒ってるかまったく理解不能のお姉ちゃん。
これを香里奈が演じてるわけですが、
わけのわからん性格おブスちゃんって役どころなのにさ、
あまりにキレイなもんだから、そういう風に見るのがつらくってねぇ。
ま、そんなアラとか挙げちゃぁ、キリがないけれど、
なかなか楽しませてくれるんだなぁ、これが。



ま、これをずっと続けると疲れるので、戻りますが。
とにかく、全体的にみたら、ちょいとムリのあるラブストーリーなんですが、
それはそれでよし。
落語のシーンが、いいんっすよ。それぞれの。
落語教室に通う小学生の男の子が、もうあっぱれだね。
自分で書いてて、なんかわけがわからなくなってきましたが、

「で、どうなの? この映画?」

と聞かれたら、即答で

「楽しい!」

と答えられる映画です。ホント。
下町風情もすごく良く描かれているし、
人間のおもしろみっつうか、哀しさっつうか、愛すべきところが
てんこもりです。

個人的には、伊東四朗の「火焔太鼓」が好きでしたね。

posted by さとる at 01:00| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

逆のダッチ人形!
Excerpt: 色々と命令されて人形みたいに扱われるバイトを発見した!ヤバい(笑)
Weblog: NYようすけ
Tracked: 2007-05-31 17:44

四日で50マン(笑)
Excerpt: オタクのドウテイキャラのフリして入ったら、やりまくりのもうけまくり(笑)
Weblog: 林田
Tracked: 2007-06-03 04:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。