2006年08月08日

命を大切にしない奴は、私も大嫌いだ!

吾郎ちゃんには荷が重すぎたんじゃない?

SMAPのことじゃないよ、V6にはちょいとは関係するけど。
「ゲド戦記」のこと。
いやぁ、ジブリだから、駿ちゃんの息子だから(?)、
菅原文太だから、って不安ながらも期待せずにはいられなかった
わけなんだけど、観た人の話を聞いてみるとどうも反応は

「いまいち」

それでも、

「駿ちゃんが原案で関わっているし、
不安要素はあっても、なんとかいけるんじゃ」

と、心の中のどっかで思ってた。
だってそう思わせるのが、ジブリってもんでしょ。
今観るべきか、最後までとっとくべきか、
悩んだ挙げ句、「今観とかないと、観られないかもしれない」という
結論になって、土曜のレイトショーに足を運んだ。

土曜だし、レイトショーだし、若者でいっぱいなんだろうなぁ…

そんな心配は、映画館に着いた途端に消えた。

人が、少ない…。

チケットを買うとき、映画館の人は「今日は混雑してますから…」と
言ってたから、きっと館内はギューギューなんだぁと入ってみたら、

ガラガラ…じゃん。

混雑しているのは中央後方の見やすい席だけ。
これで「混雑してる…」と表現するあたり、毎日どれだけガラガラなのか想像するのも容易い。おいおい、大丈夫か。


(映画がはじまる→映画が終わる)


そして、私の不安は現実のものとなった。

原作を読んでいないから何とも言えないけれど、
壮大な物語の全容を見せるために、
端折って、つなげて、2時間にまとめました!
…という印象が拭いきれない。
長い予告編を見せられているような気分だった。

まず、キャラクターが生きていない。つまり、キャラクターの命を大切にしていない。そのキャラクターがその行動をするまでに、どんなバックグラウンドがあったのか、どんな気持ちの揺れがあったのか、何を経験していたのか、その他いろいろ、何にも見えてこない。
全てを説明する必要なんて、これっぽっちもないと思うけど、
セリフひとつにしても、何にしても、それを表現する手段はあったはずだ。
CMで流れる「命を大切にしない奴は、大嫌いだ」だって、
あんな場面で言われてもなぁ…って、正直残念だった。
主役級のキャラ、だけでなく、脇を固めるキャラにも全く魅力を感じない。
キャラクター設定に、非常に迷いを感じた。特に、ハイタカ(ゲド)がもったいない。菅原文太、あれじゃぁ、彼を使った意味がないよ。もったいないお化けが出るよ。あ、古い。

絵も揺れていた。手足の動きに「ん?」と妙な違和感と不自然さがあったし、体のバランスが途中バラバラだったような感じを受けた。色づかいとか、風景の描き方とか「お、さすがジブリ」と思うところもあったけど、全体のバランスがよろしくない。
って、偉そうなこと言ってるけど、ズブの素人にそれを感じさせることが、一番まずいんだと思うんだけど。

日ごろは「うん」とか、「いや」とか、「お腹すいた」とか、生きていく上で必要最低限の言葉しか発しないツレが、「オレは怒った…」からはじまって延々1時間半、「ゲド戦記」の気にくわないところをしゃべりまくっていた。
これはちょっとうざかったけど、奴も私も宮崎駿のアニメを観て、感動して、何らかの影響を受けて育った世代。その気持ち、よぉわかるよ。

はっきり言って、観に行ったことに関しては全く後悔していない。
だけど、新世代ジブリの未来が、ちょいと不安になったぞ。
posted by さとる at 13:07| 熊本 | Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。hiroです。

blogにイクイップの記事書いたんでTBさせてもらいました。
よかったら覗いてみて下さい
Posted by hiro at 2006年09月02日 23:38
hiroさん、ありがとう。
早速、見させていただくぜ。
Posted by さとる at 2006年09月07日 01:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

equipment:FLOOR
Excerpt: 最近このカフェに良く行く。 いや、入り浸ってる(笑) 店内はおしゃれなんだけど落ち着きがあって、僕にはすごく居心地が良い。 流れるBGMも心地よい。 この日の日替わりカレーは「きのことひき肉の..
Weblog: 空に星が綺麗
Tracked: 2006-09-02 23:39


Excerpt: もったいないお化けもったいないお化け(もったいないおばけ)とは、公共広告機構の一連のテレビコマーシャル作品。およびその作品に登場するお化けの名前である。本来はもったいない行為をたしなめる言葉であったが..
Weblog: キャラボン!
Tracked: 2007-09-30 14:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。