2006年05月29日

初体験。

人と人のつながりって、とっても細い糸のようなもので
乱暴に扱えば、すぐに切れてしまったり、
自分からたぐり寄せなければ、その間は縮まることはない。

何か不意なことで切れてしまっても、
また違う何か不意なことでつながる時もある。

その全てを握っているのは、
他ならない自分自身の想像力なんだと思う。
想像力こそ、相手を思いやる気持ちなんだと…


最近の自分を、プチ反省。


「RENT」

最初の5分間で、号泣してしまった。
こんなのは、はじめての経験。
実は、この「RENT」の予告版を劇場で観ても泣いた。

♪525,600minutes, How do you measure〜♪

とはじまるオープニングの曲。コレに完全にノックアウト。
一年を何で数えるか。笑った数、泣いた数、誰かの死の数…
私は、何で数えるんだろう。考えたこともなかった。

食事の回数かな〜。
一日3食として、一年で1095食。おおっ、食ってるな〜結構。
何を食べるか、誰と食べるか、どこで食べるか…
様々なことを毎回、毎回思い描きながら、
そして実際に食べる瞬間。幸せな時間〜。

1996年にNYで舞台として公開されると同時に爆発的な人気となり、
たった3ヶ月でブロードウエイの大劇場に進出したという、伝説のミュージカル。
その舞台と同じ俳優で、映画として作られたのが今回の「RENT」ってわけだ。

ドラッグ、エイズ、ゲイ…、様々な何かを抱える男女が、
クリスマスからの一年間、NYの街の片隅で肩を寄せ合いながらも、
生きている姿を描いている。こう、短く説明してしまうと味気ない。

印象に残ったのは、ANGELというドラッグクイーンの存在。
仲間の間に張っている細い糸を、しっかりと結びつける彼(女)には、
ひどく心を動かされた。

当たり前のことだけど、出てくる人みんな歌がうますぎる。
ロックをベースにした音楽は、決して全て私の好みではなかったけれど、
歌詞に込められた一人ひとりの心の声にグラリとくる。

2時間半近くの時間が、ちょっと長い気もした。
とてもいい映画だとは思うけど、やはりあれは、生で観るべきもの。

隣に座っていた、粋なおばちゃん二人組が、終わった後に

「こりゃ、舞台ば観たかね〜」

と言っていた。同感です、先輩。
posted by さとる at 00:22| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。