2006年04月24日

Vの復讐。

明治維新の立て役者となったかの西郷隆盛は、
「焦土と化したところにこそ、新しい世界は生まれる」という考えの持ち主だったらしい。その時代の日本をすっかり“破壊”して、無の状態から新しい世界が築かれるというのだ。
結局は、坂本竜馬の働きかけにより、多少の犠牲はともなったものの明治という新しい世界は幕をあけた。

近未来の官僚独裁政治の恐怖と、復讐に燃えるある男“V”を描いた「V フォー・ヴェンデッタ」を観た後、このことを思い出した。
映画の幕開けは、“V”による破壊だ。
なんとも不気味なお面を被った“V”が、過去に非人道的扱いを受けた相手に復讐する話を主軸としているのだが、これが単なる復讐劇ではないことが映画のオープニングですぐに明らかになる。
1980年代に描かれたコミックを原作にしているが、その時代に描かれたとは思えないくらい、現在の社会と符合する。
…って、映画制作は現代に生きる人だから当たり前か。
オリジナルは読んでいないが、ウォシャウスキー兄弟(マトリックスね)は独自の世界観を織り交ぜながら、進化させているらしい。

監督はこの作品のことを「一言でくくれば、政治色の強いスリラー」と言っている。なるほど、そういう色は強い。だけど、私は「崇高なラブストーリー」だと感じた。観る人によって、きっと感じ方は変わるだろう。


ラストの“解放”には、震えがきた。
posted by さとる at 00:56| 熊本 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さとるさんのコメントを読んで
Vを観るのがますます楽しみになりました!

「焦土と化したところに新しい世界は生まれる」

破壊する人(西郷隆盛、源義経、織田信長)
創造する人(大久保利通、源頼朝、徳川家康)がいて
歴史は動いてきた感はありますよね。

最近、インディゴブルーチルドレン?とかいう、
破壊する使命を持った子ども達が生まれてきてるそうですね。
どこまで本当かわからないけど
時代の変革がこの目で見られるかもしれないと期待してます 笑
Posted by いわのり at 2006年04月29日 22:33
何? そのインディゴブルーチルドレンって。
興味ある。調べてみよう。

今の日本も、ある意味「日本」というプライドを破壊しつくしてしまった感が、私にはあるんだよなぁ。盛んに「和」風のものが流行ったりしているけど、それは単なる傷口を隠す絆創膏でしかない。

時代の変革をこの目で見てみたいっ!
Posted by さとる at 2006年04月30日 12:54
「日本」というプライドを破壊。
なるほど。
渡部昇一さんの本にもそのようなことが書いてあったなぁー。

間違えた!インディゴチルドレンでした^^;
mixiで見つけたサイトです。
私達の世代にもインディゴがいるらしいです。
どこまで本当かわからないけど。。。

http://doreen.jp/angelguide/007children.html
Posted by いわのり at 2006年04月30日 14:54
インディゴだけでなくって、クリスタルとかレインボウとか居るみたいね。
会ってみたい。
Posted by さとる at 2006年05月01日 15:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。