2006年03月12日

おもひでの映画。

作品自体に思い入れのある映画っていうのもあるけど、
作品にまつわる自分の思い出から、どうしても心に留まる映画もある。

何まどろっこしい言い方してるんだろ。

つまり、
すげ〜感動した映画もあるけど、
映画を観たシチュエーションがすげ〜心に残った映画もある。

ってこと。

私にとって(私以外にはどうでもいい話だね)
後者の筆頭にあがるのが、


「クール・ランニング!」


灼熱の国、ジャマイカのボブスレー代表の実話。
作品自体は、なかなかエンターテインメント性あふれてて
おもしろかった記憶があるんだけど、
映画館で観た後、ビデオとかテレビで放映されるその作品を、
じっくりと鑑賞できない。

なぜかと言うと…


その当時つきあっていた彼と観た、映画だから。
それだけだったら、別にいいんだけど、

「最後のデートで観た映画だから」


映画はおもしろいんだけど、映画観て笑っちゃいるんだけど、
そのことが約2時間、ずっと頭から離れなくて
素直に映画を楽しめなかった。
ずっと、なんかイヤ〜な気分を引きずっていたもんだから。

だいたい、別れの日に観る映画、選べよ。
っつうか、別れの日に映画、観るなよ。

隣で、ゲラゲラ笑っている彼。(おいおい別れ話の後だろ…)
まさに、私らの席のまわりでは、悲喜こもごもワールド。
映画が終わったら、何の余韻もなく、それなら元気で…と。

しんみりした別れではなく、こうサッパリとすがすがしく
楽しい思い出として、この映画を選んだ彼なりの演出だったかも
しれんけどね。しれんけどね。

なんだか、さっぱりしないまま、さっぱり別れられたような、
複雑な余韻が残って、「クール・ランニング!」という作品が
いつまでも私の心に変な思い出として生きつづけるわけだ。


ま、どうでもいい話ですが。
posted by さとる at 13:03| 熊本 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ、最近さぼってるね。と思ったら、
一気に更新しておりますな。
お金が減って、時間が増えたか?

阿蘇ドライブ、誘ってくれればよかったのにぃ。
そろそろ気候も良くなるから、
おでかけしましょうね。

ジャマイカ、行くか。
Posted by リサリサ at 2006年03月13日 09:59
コメント、うれしゅうございます。
阿蘇ドライブ、ホントに朝起きてから思いついたし。その日の夕方、打ち合わせだったし。行って、帰ってきただけだったし。
今度、行きませう。

あ、ジャマイカは行きたい。
Posted by さとる at 2006年03月13日 10:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。