2006年01月31日

いよっ!王様っ!

極端な考えかもしれんけど、
常々、人を見るときに、2種類に分類してしまうクセがある。
本当は複雑で、一人として同じモノをもっているわけじゃないって
わかってはいるけど、そういった複雑なモノを見てしまうと
頭ん中がいっぱいいっぱいになってしまうんで。
分類っていうと聞こえが悪いけど、物事を単純化することって
処世術にすごく必要なことだってことが、30ン年間生きてきて
すごく実感としてあるもんだからね。

例えば、

自分の話を上手に出来る人と、自分の話をしない人。
縦割りでモノを見る人と、横割りでモノを見る人。
やさしさを表に出せる人と、出せない人。

とかね。


ま、それはどうでもいい話かもしれんけど、
この前の日曜、ずっと行きたくて、ずっと躊躇していた映画を
やっと見に行ってきた。

「キング・コング」だす。

ストーリーは、もういいでしょ。知ってる人も多いことですし。
ジッと座ってるギリギリの上映時間(3時間!)だったけど、
全然長いと感じなかったし、CGってわかっちゃいるけど
恐竜の迫り来る迫力に、手に汗握ったし。
それぞれのキャラクターも、見事にハマってて、なかなかおもしろかった。
まあ、つっこみどころも満載ですがね。

で、私が特に気になったのは
女優、ナオミ・ワッツ。
「マルホランド ドライブ」の、あの陰と陽を演じわけた彼女に
ノックアウトされて以来、気になる存在だった。
いやぁ、彼女はいいよ。
ちょっとポカンとあいたしまりのない口元で
感情の動きを表現するところとか、もうゾクゾクしちゃうね。
今回、キングコング相手だったからセリフが少なくって
このポカンッが至る所で見られて、幸せぇ。


女優って、あえて2種類に分類すると、

同性にモテる人と、異性にモテる人。

にわけられると思う。(コレ、私の勝手な分類ね)
んでもって、ナオミ・ワッツを分類してみると、前者だと思う。(コレも、私の勝手な分類)
何かが足りなくて、それが何かわからなくて、だけどパーフェクトまであと一歩! という美女っぷりが、同性の心をグッとつかむんだろうなぁ。

って、全て根拠も何もない、私の超個人的見解です。
posted by さとる at 01:32| 熊本 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。