2006年02月05日

あなたに、会いたくて。

幕末の志士が、好きだ。

いや、正確に言ったら、

司馬遼太郎が描く、幕末の志士が好きだ。


今、明治の陸海軍の司令官だった大村益次郎が主人公の
「花神」を読んでいる。
どうして、司馬遼太郎はこんなにも人物描写がうまいんだろう。
その描写を読んでいるだけで、どんな顔してたのか、
どんな性格で、どんなものを嗜好していたのか。
ありありと、動いて想像できるんだよなぁ。天才だ。

中学、高校までは歴史が大の苦手で、大嫌いで、
「そんな昔のことを覚えて、どうするの?」
と思ってたけど、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」をはじめて読んで、
歴史のおもしろさを実感した。

歴史は、人間がつくってきたんだな。

と当たり前のことだけど、今自分たちが「平成」の世を生きていると同じように、
彼らも「幕末」の世を生きてきたんだと思うと、
妙に感慨深い。


年末年始に、山口県の萩に行ってきた。
実際滞在期間は1日も満たなくて急ぎ足だったけど、
萩城下町を自転車でこいで、

「ここを高杉晋作が歩いたんだ」

「桂さんは、どこらへんに居たんだろう」

とか考えるだけでもワクワクする。

今年こそは、大阪の司馬遼太郎記念館に行くぞ。
posted by さとる at 12:16| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。